RX100M3を使ってみて作例含めてレビューします。

 

RX100M3を買って約1年が過ぎたので、作例含めて使ってみた感想を書きます。

 

とりあえず撮って出しの写真

 

直近が海外に持って行ったので、その撮って出しの画像を貼り付けます。作例というほどでもないですがご参考になればと思います。

旅行でも小さくて便利なので、その使い方など含めて次回にも書きます。

 

F値も2.8までカバーしてるので簡単にボケもつくれます。

 

 

旅行なんかでの景色も普通に綺麗にとれます。

スナップなんかもいい感じ

 

そこそこズームで寄ることもできます。

 

センサーはAPS-Cより小さいですが、画質的には十分なレベル。

こだわる時はRAWで撮ってあとからLightroomとかで現像しますけど、結構RX100M3の時は撮って出しで使う場合が多いです。

理由は旅行とかちょっとした外出でRAWまで追い込むような状況ってないんですよね。

さっと出してさっと撮って思い出として切り取る。

すごく雰囲気がいい時や景観の時はRAW+JPEGで撮影しておきます。

小さいという武器

 

僕が所有しているカメラは、SONY α6500, RX100M3, Fuji X100F, GR2, を使っているんですが、普段使いで使用頻度が多いのは圧倒的にRX100M3です。

なんでかっていうと、やっぱり1番大きい理由は、毎日持ち歩くことが出来るってことですね。

 

 

 

前にも書いたんですが、ミラーレス一眼ってなんだかんだで、気軽に持ち出す事っでないんです。

意外と大きいですからね。

で、GR2(今はGR3でてます)がコンデジで同じくらいのサイズあるんですが、ズームができないので旅行だと使いにくい。

X100Fもコンデジの部類ですが、でかい。どちらもセンサーがAPS-Cサイズなので、画質はもちろんこっちがいいんですが、どうしても用途でお出かけの場合はRX100M3を持ち歩きます。

 

6500も含めてミラーレスでは小さいんですけど、やっぱり毎日持ち歩くってなると、持ち歩けるサイズでもないんですよね。

 

だって、正直レンズ付けて重いし。 RX100M3使っちゃうと、やはり勝てないんですよ。

 

 

RXの時は基本毎日持ち歩いてスナップで日常を撮るスタイルで、6500は作品撮りの時に対象物をきめて出かけるみたいなスタイルで今のところ使い分けしている形にしています。

 

よくRawで撮らなきゃって巷では説明があるんですが、ピクチャーエフェクトやクリエイティブスタイルとか面白い機能もあって結構あって楽しいんですよね。

(このピクチャーエフェクトやクリエイティブスタイルについても別の記事で紹介しますね)

 

がっつり現像するならRawで撮ればいいんですが、基本スナップで撮るので、相当現像したいなって思わない限りエクストラファインで撮影で全然いいと思います。

 

サイズ軽いですしね。何よりカメラの機能で遊べると、カメラを使うことが楽しくなるんですよね。

 

もちろんRAWとJPEGで同時撮影してもいいんですが、容量もそれだけたくさんくいます。

簡単にSNSにあげるスナップだったらJPEGでも全然問題ないと思います。