数あるミラーレス一眼の中でSONYのα6500を買った理由

α6500を買った理由

シンプルに答えますと、動画と写真を両立できて持ち運びしやすく価格もバカ高くないカメラをさがしてたらα6500にいきついたという形です。

機種でもいままで色々悩みました。

動画が結構メインだったのでパナソニックもGH5とかも候補にはいってましたし。

どれみてもYOUTUBERの方が色々とカメラのオススメの動画をアップされていて参考にしていたのですが、結局どれが自分にあってるかなんてわからなくて悩んではいたんですよね。

ただ、自分がカメラを持ち出していろいろ撮影するシーンを考えた時に大きいのは無理だし、金額もかかりすぎるのは難しい。

その中で動画もスチールもと考えた時に候補があがったのがα6500でした。

本当は以前使っていたNEX5R時代に動画のファイル形式のAVCHDを変換するのが本当に面倒で、次カメラを買い換えるときは絶対ソニー以外にしようと考えていたのですが、結局色々なことを考慮した結果これを買うことに決めました。

MacBookをつかってたのでAVCHDに変換するのが面倒だったのですが、最近の動画編集ソフトだとほぼ対応しているのでそのストレスから解放されたのも理由です。

α6500を買ってよかったと思うこと

・サイズが比較的小さい

はっきり言えばサイズ感でですよね。

色々動画とったり写真とったりするにはどこそこいくわけで、気軽に持っていきやすいに限ります。

たしかにフルサイズもカッコいんですが、高いのと重いんですよね。特にフルサイズのレンズなんて高くて揃えていけるかっていいうと、お金いくらかかるかわからないぐらい高いです。

サイズ感でいうと実際僕はゴープロとか小さいカメラもいくつか使ってますし、他にも機材はもっていくのでなるべくカメラは小さいことにこしたことはないと考えていました。

そんな事も考えるとこのα6500の一択になりました。

 

 

・コストがほかの一眼に比べていくらか安め

α7IIIとか高くて変えないし、使いこなせる腕がない気がするってのが正直な話です。

GH5もなんだかんだで20万越えちゃいますし、後々アクセサリなど買い揃えると思ったら少しでも安く抑えたいと考えました。

 

・AFがめっちゃ早い

今まで試したカメラでAFがなかなかスパッときいてくれないといった課題がどのカメラであったと思うのですがα6500はAFがめっちゃ早いです。

ほぼノンストレス。これは本当に購入する理由の大きな理由になりました。

 

・4K動画が撮影できて、スチールもばっちり撮れる。

動画をいろいろ撮影したい時に今の時代4Kは必須ですよね。それでこのAFの速さ。

フルサイズではないにしても画質的には全然問題ないレベルがとてもいいなと思いました。

カメラを始めてみようとか、動画を本格的に撮ってみたいって人や、初心者から中上級者まで使えるカメラだと思います。

カメラに詳しくてフルサイズ一択な人はそもそも6500のAPSCを選択肢にいれてない人もいるかと思います(メイン機としては)

買うときには用途を考えて購入すべし。

α6500は金額的にも手が届かないっていう価格設定ではないです。

ズームレンズキットは買えない金額かといいうとそういう値段設定でもないと思います。

とはいえ、ズームレンズキット買うよりはボディとレンズは別々で購入した方が自分にあった使い方ができると思います。

私の場合はスチールと動画を考えていたのではじめからズームレンズキットは対象外になりました。

動画は4Kで撮影映像作品を作りますし、スチールも状況によって撮影します。

そうなると、レンズキットでは使い勝手がよくないんですね。

α6500について鈴木さんがこちらの動画で説明しているとおり、APSCのなかでは動画撮影機材としては高いスペックで定評があります。

 

これはAFの性能が高いのもあるのですが、このサイズ感で色々できる万能機って感じです。

レンズに関しては、18105Gの一択になりました。こちらはほかのブログでも色々と紹介されていますが、使い勝手が非常にいいです。

ただレンズが長いので重いですし、ごつくなるのがネックですけどね。

SmallRigなどつけたらさらに重くなるのでほぼフルサイズカメラの重さになります 笑

機能的には何ができるのか?

ほぼカメラでご自身がなされたい事はα6500でできてしまうって言ってしまってもいいかなと思います。

それくらい機能的には充実しています。

瞳フォーカスもそうですし、連写機能も抜群、ログ撮影からタイムラプス(アプリ)

早い動きに合わせての連続撮影、 RAW撮影からログ撮影、4K動画撮影。基本やりたいことってここら辺じゃないでしょうか?

機能的にできない事はほぼないですので、あとは撮影のテクニックで全て解消できるんですね。

結果、ほぼα6500で解決できる事はできてしまいます。

機能については別の記事で詳しく記載したいと思います。

結論

今回α6500について少しだけ記載しましたが、気軽にカメラでスチールや動画を始めたいって方や、SONYのカメラに変えたいって方、持ち運びで少しでも小さいカメラで機能が充実しているカメラを探している方などはα6500はおススメです。

2016年12月に発売されたα6500ですが2年たってもまだまだ売れていますね。

α7IIIも出ましたけど、それでも売れているのは価格も安くて同じような事ができるからです。

妥協は許したくない!とかフルサイズで色々最先端の技術のカメラが使いたいってかたはα7IIIの購入を考えるとか今後α6500の後継機がでるまで待ってみるとかした方がいいかもしれません。

僕も最後までα7IIIやGH5と悩みましたが結局2つをレンタルで借りてみて使った結果α6500を買いました。

ぜひ動画やカメラを始めてみようと思っている方は参考されてみてください。

α6500におすすめなレンズなどの紹介も今後していきたいと思います。