福岡でインスタ映えするスポット?篠栗九大の森

今回は福岡県でインスタ映えをするスポットの一つとして有名な篠栗九大の森に行ってみたので記録として残しておきます。

 

福岡で幻想な風景が撮れると噂の篠栗九大の森

「福岡  インスタ映え 森」で画像検索をかけると、幻想的な森林の写真ばかりがズラッとでてくる「篠栗九大の森」。

この篠栗の九大の森の中の「水辺の森」というスポットが今回のインスタ映えスポットになります。

篠栗町の公式サイトには以下の説明が記載してあります。

篠栗九大の森は、九州大学の敷地(九州大学福岡演習林)の西端にあり、篠栗町と九州大学が共同で整備、管理を行っています。
約17ヘクタールの「森」には、スダジイ、アラカシ、タブノキ、クスノキ、ヤマモモなど約50種の常緑広葉樹と、コナラ、ネジキ、ハゼノキなど約40種の落葉広葉樹が生育しています。
中心にある蒲田池の周り約2キロメートルの遊歩道には、町の森林の間伐材を使用したあずまややベンチが所々にあり、自然を感じながら休憩することができます。 ゆったりとしたひとときをお過ごしください。

篠栗町公式サイトより

これは行かねばと思い、朝早くからGoproを片手に車を走らせる事に。

福岡市内からですと、3号線を北上して松島の交差点を篠栗方面に向かいます。
天神からですと、距離にして15Kmほど、車をはしらせると30分くらいで到着します。下道だと40分くらいとあまり変わらないので都市高速を使う必要もないかと思います。

 

 

駐車場の入り口が少々わかりにくい。

篠栗九大の森は北駐車場と南駐車場があるのですが、お目当の「水辺の森」に近いのは北駐車場ですので、そこに停める事をおすすめします。

こんな感じで本当に入っていいか分からないような入り口です。

 

門をくぐって砂利道を300m程走らせると駐車場が見えてきます。(車が1台しか通れないような幅ですので、すれ違いにはご注意)

 

奥には駐車場があって、30台くらいは停めれるスペースがあります。画像は帰る時なのですが、私が着いた時刻の午前7:30には車は1台しかいませんでした。

 

時期によって開門する時間が違います。朝早く行かれる方は時間帯に気をつけてくださいね。

春から秋が6:00開門 秋から春までが7:00開門です。
閉門はどの季節でも17:00までとなっています。

 

いざ水辺の森へ

 

車を停めたら、駐車場の脇に公園全体のマップ的なものが飾ってあります。そこに細い入り口みたいな道があるのそこから公園に入っていきます。

 

入っていくといきなり右と左と分岐になりますので、左に歩いていきます。進んでいくともみじの広場にでますので、そこも通り過ぎて進んでください。

道中に蜘蛛の巣がけっこうあって、避けながら進まないとひっかかってしまいそうになるのご注意。

駐車場から歩くこと5分くらいで水辺の森につきます。

 

私は、はじめ通り過ぎてしまいました。なぜなら、紹介されている画像には湖中に立っている変わった木の画像だったので、それをイメージしていたがために少し通り過ぎてしまいました。

ただ、カメラマンの方がいたっていうのと、木が独特の形をしていたので引き返し先ほどの少し奥まったスペースへと戻りました。

人はほとんどいなく、ウォーキングの老夫婦の方が時々通るくらいです。

 

で、水辺の森のインスタ映えスポットはどこから撮ってるかというと、右に少しはいった小さなスペースのところです。(カメラマンさんがいるところ)

先にいいカメラでシャッターをきいている男性の方がいたので、聞いてみることに。

“私”

ここが有名なスポットですかね?。ネットであがっている水辺の森ですよね。

“カメラマン”

ここですよ。ここが一番綺麗なスポットです。

“私”

なるほど、とはいえイメージと全然違いますね。水がはってないですけど。。

“カメラマン”

私は去年も来てるんだけど、最近は水がはっていないんだよね。あそこの木を見てもらえればわかると思うけど、うっすらと水の線あるでしょ?あそこまで水があったってことだけど、今の現状みると、あそこまで水位があがるのは現実的に難しいと思うんだよね。

“私”

え、ってことはあの画像ってどうやったらまた見れるんですかね?

“カメラマン”

うーむ、梅雨とかかもしれないけどね。あそこま水位があがるかはわからないね。

“私”

・・・

 

てなことで、現在では水とのコラボレーションした幻想的な写真を撮影することは結構レアなのかもしれません。

とはいえ、いくつか写真をとったのですが、そもそもその木が大変美しく、水がなくても何か神秘的な空間にいるような雰囲気はありましたし、朝の木漏れ日とマッチすると結構綺麗でした。

そこで私もシャッターを何枚かきって、帰ろうとするとカップルの方が2組ほどやってきました。

なんかちがうねー、などと言っていたので先ほどカメラマンの方に聞いた情報を色々伝え、駐車場にもどりました。

まとめ

篠栗の九大の森ですが、最終的に行って良かったというのが感想です。水とのコラボレーションの神秘的な画像は撮影できなかったですが、水がなくても十分きれいでしたし、朝に行くと気持ちもよくて人も少ないのでリフレッシュになると思います。

森自体も広いので、水辺の森だけでなく森全体を楽しんでみるのもいいかと思います。

またスポットなど見つけて紹介していきたいと思います。